買い物

食費を減らすスーパーでの3つの工夫

食費がいくらかわからない佐藤さん

「食費はけっこう使っていると思います」という佐藤さん。

「でも、レシートで管理しようと思っても、忙しくて挫折しちゃうんです」とおっしゃいます。

実は、佐藤さんのように、毎月の食費がいくらかわからないという方は案外多いです。「え?そんなひといるの?」と思われた方、おそらくお隣の方は「あ~それ、わたしのこと~」と思ってらっしゃいます。

そして、そんなお隣の方のお財布にはレシートがてんこ盛り!「家計の管理はやらなきゃいけない!でも、できていない」という罪悪感を、「お財布のなかにレシートだけはとっておく」という行動でなぐさめたりしています。

ですが、その気持ちと行動パターン、とてもよくわかります。なぜなら、昔の私がそうだったから。昔の私は、食べものがなくなるとスーパーに出向き、今日の献立はなににしよう?と考えながら買い物をしていました。そして、ルンルンと買い物をしたあとは、お財布のなかにレシートをイン!それだけでなぜか、家計管理をしている気になっていました。

ところが、あるとき、私は「スーパーの思惑どおりに、買い物をさせられている!」という驚愕の事実に気づきます。つまり、自分の意思でお金をつかうのではなく、お金をつかわされていると気づいたのです。

買う物を決めるのは自分?それともスーパー?

スーパーは、私たちが、できるだけ長く滞在してもらうこと、何度も来店してもらうこと、いろんな場所に立ち寄ってもらうこと、商品をじっくり選んで買ってもらうことなどを工夫しています。

もちろん時間にもお金にも余裕があるときには、買い物=楽しみとして、ゆっくりと店内をまわることがあってよいでしょう。それについては、高橋さんの成城石井問題でもお話しさせていただきました。

けれども、忙しくて時間もお金もないと感じるときには、スーパーの工夫に従うのではなく、自分で自分の決まりごとをつくる必要があります。

そこで、佐藤さんには、私が食費を簡単に管理できるようになった「スーパーでの3つの決まりごと」についてお伝えしてみました。

スーパーでの3つの決まりごと

大前提は、食費の買い物は週に2回までとし、曜日と予算を決めてしまうことです。月曜日は6千円、木曜日は3千円といった具合に、1週間につかう食費を決めてしまいます。その上で、下記の3つの決まりごとに取り組みます。

1.スーパー滞在時間は15分以内にする

スーパーに着いたらまず時計を見ます。そして、15分以内に買い物を終えることを目標とします。そして、「1週間に食べきるリスト」を頭にいれてテンポよく買っていきます。(1週間に食べきるリストについては、『お金を整える』でお伝えしています)

スーパーでは、そのお店での滞在時間が長いほど、購買金額と購買点数は増えていくと言われます。滞在時間は15分と決めれば、必要なものだけを買うことが習慣となっていきます。

なぜ15分なのかと言えば、人間の集中力には周期があり、最も集中している状態は15分程度と言われているからです。この集中力がとぎれない時間内に、必要なものだけを買っていくというわけです。

この15分ルール。5回ほど挑戦すれば、必要なものを買うにはどれくらいの時間がかかるのかということが明確になります。自分の予算と時間の感覚がついてくるのです。感覚を身につけたら、毎回時間をはかる必要はありません。

2.買い物カゴは手で持つ

スーパーに着いたら、買い物カゴは手で持ちます。カートは使いません。なぜなら、カゴを手でもつことにより、重さでおおよその値段がわかるようになるからです。また、手に重さが加わることで、自然とレジに向かおうという意識が働きます。

そして、レジについたら、今日の予算3000円以内におさまったかどうかをゲーム感覚で楽しみます。予算3000円に対して、「2980円です」と言われたときのあの快感。「私はできる主婦だ」という喜びをもたらします。

また、「今日はお魚だけを買いにきた」という日には、買い物カゴは持ちません。購買点数は、「カート>カゴ>手ぶら」の順で決まります。1回の買い物の予算を決めて、その分量を重さで判断できるようになれば、食費は簡単に管理できるようになります。

3.今日明日じゅうに食べるものだけを買う

スーパーに着き、時計を見て、カゴを手にしたら、今日明日じゅうに食べるものだけをカゴにいれていきます。値引き品だからといって、安いおまとめ品だからといって、今日明日じゅうに食べないものは買いません。

この基準を自分のなかでもってないと、「あら、ドレッシングが安いから買っておこう」「レトルトカレー3パックが安いからまとめ買いをしておこう」といって、今日明日中に食べないものが増えていき、食費を予定どおりにつかうことができなくなります。予定の金額を簡単にオーバーし、「食費管理はやっぱり苦手」という意識だけが残るのです。

「いつか食べるかもしれないレトルトカレー3パック」は、予算3000円に対して買う物が2000円しかない日に購入しましょう。こうすることで、予定どおりの金額でお買いものをする習慣ができてきます。

決まりごとは、自信をもたらす

こうした決まりごとを守れるようになると、毎月つかう食費は一定金額に整っていきます。週2回の買い物で予算どおりに買い物ができれば、家計簿をつけなくても、毎月の食費を即答することができるでしょう。

  • スーパー滞在時間を15分以内にする
  • 買い物カゴは手でもつ
  • 今日明日じゅうに食べるものだけを買う

また、「お金はある」と自信をもつためにも、こうした自分なりの「決まりごと」をつくり、実行できた自分を日々ほめることです。

お財布のなかでくしゃくしゃになったレシートをひろげ「あぁ今月もお金がない」と下を向くよりも、お財布のなかで整列した1万円札をながめ「今月も予定どおり!」と気持ちよく前を向きたいですよね♪

6月はこの方法で食費の金額を即答できることを目指してみては?!

*『お金を整える』全国書店にて好評発売中!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
Recommended
お金についてGoog…