思考を整える

見たい自分に出会いましょう。

こんにちは。市居愛です。

今日も、バイロン・ケイティさんの研修で印象に残った言葉をシェアしたいと思います。

私は私がどのように見られているか、信じているとおりに見られている。
誰も自分自身を見ることはできない。
すべては自分が抱くイメージにすぎないのだ。

この言葉の意味するところを解説しますね。

私たちは日頃、周囲の批判を気にしながら生きています。

かわいくない
役に立たない
おもしろくない
大したことない

こうした批判や中傷の数々。
まるで耳元でささやかれているかようなはっきりとした言葉。
その言葉は、頭のてっぺんから足先にまでひろがって、
私たちの心と身体をむしばみます。

でも、現実に立ち返り、自分自身に聞いてみましょう。

批判をしているのは誰でしょう?
傷つけているのは誰でしょう?

あなたが自分を批判すれば、
世界はあなたを批判します

あなたが自分を傷つければ、
世界はあなたを傷つけます。

あなたはあなたが信じているとおりに見られています。
あなたが抱くイメージがあなたの生きる現実をつくっているのです。

あなたがあなたを批判することさえやめれば、
この世界であなたのことを批判する人など誰ひとりとして存在しません。

私自身をどう見るか、そのイメージを変えましょう。
自分自身への批判をやめて、見たい自分に出会いましょう。

あなたは知っているはずです。
この世界で誰よりもあなたのことを知り、
あなたの声に耳を傾けるひとを。

この世界で誰よりもあなたのことを知り、
あなたの美しさを引き出せるひとを。

あなたは知っているはずです。
それが他でもない自分自身であることを。

ひとは自分が信じる以上のひとになることはできません。
すべては自分が自分に抱くイメージの世界なのです。

今日も学びのシェアでした。
ではではまた!

LINE@では、ブログの更新情報や日々の写真などをお届けしています。
ぜひお友達になってください。

 

 

 

旅の様子をインスタグラムにアップしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
売り場ではなにが起き…