思考を整える

恐れを選ぶか、愛を選ぶか。

今さら感が満載ですが・・・。出発したときのすったもんだのお話をブログにアップしました。

家族4人で世界一周に出かけよう

家族で世界一周旅に出かけよう!そう決めたのは、4ヶ月ほど前のこと。
昔からいつか実現したいとは思っていたものの、子どもたちはまだ小さく、
健康面での不安もあることからなかなか思い切ることができませんでした。

ですが、上の娘はもう小学校5年生。中学生になったら、行きたい学校や
好きな男の子もできるはず。好きな男の子ができてしまったら、
世界へ行こうなんていうとんでもない母親をこの子は一生うらんで暮らすことになるだろう。
そんなことが心配で、今しかないと思い切りました。

お姉ちゃんは小学5年生。弟は小学1年生。パパは私と同じ42歳。
健康第一。元気で仲よく。子どもたちが「日本に帰りたい」と言ったら、
すぐに日本に帰ることを条件に家族で旅にでることを決めました。

みんなとの別れ

といっても、今日のフライトは私ひとり。
私は先にアメリカに入国して、1週間後にパパと子どもたちと合流します。
お友達が駅まで見送りに来てくれました。

来年の3月なんてあっという間。
そうわかってはいても、いつだって別れは寂しいものです。
ひとりになると、寂しさと不安が押し寄せてきて涙がポロリと落ちてきます。

でも・・・・。
悲しみにひたっている場合じゃありませんでした。
出発早々・・・事件発生。

スーツケース 恐れの選択VS愛の選択

あれ?あれれ??成田空港でスーツケースが開かないんです。

先月買ったばかりのスーツケース。このスーツケースは、
ダイアル式になっていて、店員さんが初期設定してくれた番号で
簡単にあくはずでした。簡単に・・・・・。

でも開きません。。。涙。。時刻は出発2時間前。
まずはスーツケースを買ったお店に電話します。でもお店のひともわからない。
10分経過。さぁ、どうしよう。

こんなとき、頭をよぎるのは2つの考えです。

開かないかもしれない(恐れ)VS 絶対に開く(愛)
しばらくこの2項対立する考えを頭のなかで咀嚼します。

このままアメリカに行ってしまったら、どうやって鍵を開ければいい?
壊すしかない。でもどうやって壊すの?空港のひとが壊してくれる?
いったい、なんて英語で説明するの・・・という恐れの考え。

いやいや、大丈夫。鍵は絶対に開く。
ここは空港。スーツケースが開かなくて困っているひとなんて
沢山いるはず。空港の誰かがきっと開けてくれる・・という愛の考え。

この2つの考えが頭に浮かんだとき、
どうしても恐れにひっぱられそうになるけれど、
愛を選択すれば、物事は順調にまわりはじめます。

だからーーーーそう、大丈夫。大丈夫。大丈夫・・・。
と自分に3回唱えて落ち着きます____
そして、ひらめきました。

そう。ここは成田空港です。世界中のあらゆるスーツケースやカバンが、
日本じゅうでもっともあつまる場所。
スーツケースが開かない問題なんて、私だけじゃないはず。
みんなもきっと開かないはず。(そんなわけはない)

そう思って探したのは、空港内の鍵やさんです。
そして、ありました。靴・カバン・鍵の修理専門店「リアット」さん。

 

私「すみません・・・鍵があかないんです。」
店員さん「ちょっとお時間いただきますね。(自信に満ちたご表情)」

そして、5分後。ガチャ。開きました(涙)簡単に開きました。

ははははは。なんで〜

ありがとうーー。店員さんの微笑みが神様に見える。
ありがとうーー。ありがとうーー。ありがとうーーー。
天に向かって感謝をしていると、横から話しかけてくる男性が・・・。

男性「すみません。テレビ朝日○○チャンネルのものですが、ちょっとよろしいですか?」

そうですよね。面白いですよね。空港で修理やさんに駆け込んでくるひとなんて
訳ありなひとしかいませんから。

急いでますのでと逃げようとする私。もうちょっといいですか?と逃してくれないお兄さん。結局、取材を受けること20分。

最後には、スーツケースの中身が食べ物だらけであることもバレ・・・・

さわやかにその場を立ち去りました。

飛行機に乗れない!恐れの選択 VS 愛の選択

さぁ、急いでチェックインをしなくちゃ!
この時点で、時刻は出発1時間半前。

慌てて機械でオンラインチェックインを試みます。
ところが、なんどトライしても出てくる「入国にはビザが必要です。」という表示。

あれ?あれれ??チェックインができないんです。

どういうことでしょう・・恐れの気持ちでカウンターの
お姉さんに話しけると、お姉さんがこう言うではありませんか。

「お客様、お帰りの切符がないとアメリカには入国ができません。
アメリカは規制が厳しく、アメリカを出国する切符が必要になります」

実は、今回の世界旅で悩んだのが航空券です。
当初は世界周遊券をつかって旅をしようと考えていました。
ですが、子どもたちを連れていくとなると周遊券は都合がわるい。
日程も飛行機も先に決めなくてはならないし、キャンセルにもお金が
かかります。そこで選んだのが「片道切符をその都度買う」という選択でした。

ところが、それがNGと知る。出発1時間前。あはは。
ふたたび2つの考えが頭をよぎります。

間に合わない(恐れ)VS 絶対になんとかなる(愛)

でもとにかく時間がありません。迷っている暇はありません。
決断の練習です。愛を決断する練習です。

お姉さんに聞いたところ、「今すぐ、航空券を予約すれば搭乗できる」と言います。
ひらめいたのは、エクスペディア(オンラインの予約サイト)。
今すぐ、携帯で航空券を予約すればいい。
航空券は返金&変更可能なものを選べばいい(by 空港お姉さん情報)
ということで、その場でアメリカーイスラエル行きの航空券を予約しました。

高かったです。フライト時間も長かったです。
でも、決断が大事。アメリカに入国してからまた変更を考えればいい。

ということで、無事に航空券を予約してチェックインすることができました。

大いなる失敗は挑戦の証

というわけで、すったもんだの旅がはじまりました。
でも、楽しい。すでに、最高に楽しいです。

どんなときでも、どんなことでも、私たちは学ぶことができます。
たとえそれが悲劇的なことだとしても、
そこにはやっぱり学びしかありません。

恐れを選ぶか、愛を選ぶか。

スーツケースも航空券も完全に私のミスだけれど、
ミスや失敗を楽しめれば、恐れはすべて愛に変わるはず。

なにが起きても愛を選択できる自分でいようと心に決めた出発となりました。

ではではまた。

 

LINE@では、ブログの更新情報や日々の写真などをお届けしています。

ぜひお友達になってください。

 

 

 

旅の様子をインスタグラムにアップしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
こんにちは。市居愛で…