お金の知恵袋

毎朝5分の鏡のワークでお金が貯まる不思議な方法とは?

今日は、お金を貯めるためのちょっと不思議な方法についてお話しします。

お金の貯め方は私たちの深層心理が影響していることをご存知ですか?深層心理とは、自分でもわかっていない心の奥底の部分です。私たちの心には、「自分で意識できている部分」と「自分で意識できていない部分」があり、お金のつかい方というのは、自分で意識できていない部分が大きく関係しています。

例えば、100万円を貯金しよう!とがんばっていて、あとちょっとで100万というときに、どうしてもお金が必要になってつかっちゃった・・・といった経験はありませんか?冷蔵庫が壊れたとか、車が壊れたとか、予期せぬ出来事が急におこったりします。

あるいは、収入をあげたいと思っているのに、なかなか思うようにいかないということもありますよね。こうした出来事は、実は自分の深層心理が関係していることがあります。

なかでも、多くのひとが抱えている深層心理があります。なんだと思いますか?この心理が根深くあるために、お金を稼ぐこと、貯めること、増やすことに抵抗があるんです。

その心理とは・・・・・「私には価値がない」という心理です。

私には価値がない。私は、お金をもつに値しない。だから、貯金をもつことはできないという心理です。「えーそんなことはない」と思ったとしても、これは深層心理のため、自分では気づくことがむずかしいです。無意識のうちにこの心理があるために、お金を自分のもとにおいておくことができないのです。

たとえば、お金を受け取ることを拒んだ経験はありませんか?「こんな小さなことでお金は受け取れない」「好きでやっているので、お金は受け取れない」「お金をもらうなんてできない。無償で奉仕しなければならない」「こんなにお金があったら、悪いことがあるかもしれない・・」

フリーランスで働いているひとや自営業のかたは、こうした経験が少なからずあるのではないかと思います。特に、成果が見えにくいサービスを提供している人は、値段を決めることがむずかしいと感じることがあるでしょう。

ですが、こうしたお金を拒否するような経験は、「私にはそれほどの価値がない」という深層心理が原因の場合があるのです。

ではどうしたら、自分の価値に目覚めて、自分にとって十分なお金を受け取ることができるのでしょうか?「私は価値がない」という深層心理を乗り越え、お金を増やすことができるのでしょうか?

私がオススメする方法は、毎朝5分の鏡のワークです。鏡のワークは、アメリカの著者、ルイーズ・ヘイさんが提唱した方法、ミラーワークとしても知られています。

まず、鏡の前に立ってください。鏡のなかのあなたはもうひとりの自分です。
鏡のなかの自分と目を合わせます。そして、こう言いましょう。

「私はあなたを愛しています。私はあなたを本当に愛しています」

最初は照れるかもしれません。「愛しています」という言葉に慣れないかもしれません。でも、勇気を出して、言ってみましょう。

ドキドキする気持ち。ザワザワする気持ち。嫌な気持ち。照れくさい気持ち。いろいろな感情がわきおこってくるかもしれません。涙があふれてくるひともいるでしょう。理由はわからない。でも、なぜだか感情があふれてくる。そんな状態になるかもしれません。

もしも嫌な気持ちでいっぱいになったとしても、その感情をただただ観察してみてください。自分のなかにこういう感情があるんだということを認めてあげてください。嫌な気持ちがでてくることは間違いでも正解でもありません。大切なことは、その気持ちに気づくことです。そして、嫌な自分、価値がない自分もすべて含めて、「私はあなたを愛している」と伝えてください。

こうして自分で自分に話しかける言葉は、アファメーションと言います。アファメーションとは、自分で自分にかける自己暗示のことです。自己暗示を繰り返していると、脳はその自己暗示をすなおにうけとります。毎日毎日「私はあなたを愛しています」と言うことで、その言葉が本当に自分自身の一部になっていくというわけです。

「私はあなたを愛しています。私はあなたを本当に愛しています」と言うことに慣れてきたら、今度は、つぎの質問をします。

「何かしてほしいことはある?」と問いかけます。

自分の内側から出てくる答えがあるかもしれませんし、ないかもしれません。しばらくたってからその答えが出てくることもあります。タイミングはどうあれ、鏡のなかの自分にむかって、この言葉を問いかけ、もうひとりの自分が望むことをみちびきだしましょう。

そして、望むことが思い浮かんだら、どんな小さなことでもいいので、それを実行していきます。「美味しいランチを食べたい」「カフェで読書をしたい」「海を見にいきたい」といったことでもいいです。

こうして、自分を愛し、自分の望むことを叶えていくと、ひとは自分の価値を信じられるようになっていきます。「私には価値がない」という深層心理をぬりかえ、「私は価値ある存在だ」ということを信じられるようになるわけです。

そして、もうひとつ、自分の価値を高めてお金を増やす方法があります。なんだと思いますか?

それは、自分の仕事に愛情をもって取り組むことです。

もしもあなたが店員ならば、お客様に対して愛情をもって接します。もしもあなたが先生ならば生徒に対して愛情をもって接します。もしもあなたが、宅配ドライバーならば、配達する荷物ひとつひとつに愛情をこめて届けます。

どんな仕事をしていたとしても、関わるひとのことを想いやり、自分の愛情をこめて仕事に取り組みます。

すると、どんなことが起きるかわかりますか?

お金が増えていきます。お給料が上がったり売り上げが増えたりするのです。

 

なぜだと思いますか?

なぜなら、自分の仕事に愛情を込めることで、自分が自分の価値を認めることができるようになるからです。自分は社会にたいしてすばらしい貢献をしているという自覚が生まれると、私たちは自分を愛することができるようになります。そして、沢山のお金を受け取る自分をみとめられるようになるのです。

自分自身が社会に対してすばらしい仕事をしていると思えないのであれば、お金を受け取ることを許可していないことになります。

「お金がない」「貯金がない」という状況は、その事実だけを考えるとネガティブなことのように思えますが、実は、「自分の価値を認めなさい」という大切なレッスンでもあるのです。

お金は自分に価値を置くひとのもとへと集まります。自分自身に価値をおいていないひとから置いているひとへと流れていくものなのです。

自分を愛し、自分に価値を置くことができるようになると、あなたはお金を貯められるようになっていきます。自分を愛し、自分の仕事を愛することで、お金を感謝して受け取りましょう。

というわけで、今日は、お金を貯められない人の深層心理についてお話しました。

 

● 私には価値がないと思っている場合があること。
● それが原因でお金を受け取れていない可能性があること。
● その深層心理を解消するためには、「私はあなたを愛しています。本当に愛しています」という言葉を毎日唱えること。
● 自分の仕事に愛情をこめて取り組み、自分の価値をみとめること

 

思うようにお金を貯められない、貯金が増えないというかたは、ぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
今週は節約をがんばっ…