お金を整える

年間レジャー費はいくら?つかい過ぎを防ぐ整え方があります

こんにちは。マネーコンサルタントの市居愛です。

今日は、レジャー費用に焦点をあて、お金を管理する方法をお伝えしたいと思います。レジャーに行くとついつい予算をオーバーしてしまう人にオススメの内容です。レジャー費用を使いすぎないようにするには、どのようにしたらよいのでしょうか。4つの流れでお話します。

1 レジャー費が予算オーバーになる理由

2 金銭感覚を狂わせるメンタル・アカウンティングとは

3 年間貯金額を決め、出費をコントロール

4 予算は年間を意識して管理する

レジャー費が予算オーバーになる理由

まずは、「レジャー費が予算オーバーになる理由」から、お伝えしていきます。ところで、節約意識が高い人は、日常でできるだけお金を使わないようにすることが得意です。1日のお小遣いは500円・水筒を持参・冷暖房は使わない・・・など日々の努力を惜しみませんね。そのため、少しずつですが貯金を作っていくことができます。

だからといって、永遠に貯金が続けられるかというと、そうとは言い切れない事態も発生します。そのひとつが、レジャーです。毎日1円でも節約しようと頑張っている人でも、ちょっと旅行に出れば、3,000円の豪華なランチをオーダーするなんてことが珍しくありません。

ちょっと考えてみてください。1日500円のお小遣いで生活している人は、たった1回のランチで、約1週間分の生活費が吹っ飛んでしまう金額ですね。日常では考えられない出費です。このように旅行には、お金を知らず知らずのうちに使わせてしまうワナが潜んでいるといっても、過言ではありません。

ではなぜ、毎日コツコツ節約している人が、旅行でどーんとお金を使ってしまうのでしょうか。結論から言うと、メンタル・アカウンティングによって、金銭感覚が変わるからなんですね。メンタル・アカウンティングとは、心の家計簿です。これを知らないと、せっかくの節約も無駄になってしまいます。そこで、メンタル・アカウンティングについて説明します。

金銭感覚を狂わせるメンタル・アカウンティングとは

メンタル・アカウンティングをそのまま日本語で解釈すると、メンタル=心・アカウンティング=会計や家計簿、といった意味で、自分の心にある家計簿だと思ってください。私たちはそれぞれ、独自の心の家計簿を持っていて、常日頃からそれに基づいて買うものを選び、お金を払っているということになります。

しかし、心ですからその時の気分や感情によって左右されやすいという側面も、持ち合わせています。ですので、頭では節約しなきゃとわかっていても、いい気分になったら、ついつい財布のひもが緩んでしまうということがよくあるんですね。それこそ、レジャーはいい気分になるものですから、予算オーバーになりやすいといえます。心の家計簿が「特別に出費してもいいわ」と判断すれば、節約するという理性が働きにくくなります。

特別に出費されるものには、旅行以外にもお誕生日のプレゼントや、冠婚葬祭といった日常生活以外の出費にも当てはまります。「〇歳になる孫へのお祝いだし・・・」「せっかくの旅行だし・・・」と、ついつい奮発してしまうのもやむを得ませんが、使ってから後悔するようなお金の使い方にならないようにしたいと思いませんか。そこで必要になるのが、心の家計簿をコントロールすることなんですね。

ではどうしたら、レジャーなどの特別な日があっても、きちんとお金を管理することができるようになるのでしょうか。

年間貯金額を決め、出費をコントロールする

ずばり解決策は、特別出費と年間貯金額を決めることです。特別に出費してもいいわと思うイベントは、「特別出費」から充てていきましょう。

特別出費の予算は、年間で管理する意識を持ってください。最初に年間に貯金したい金額を決めましょう。この「年間に貯金したい金額」は、年間特別出費をわりだすために、もっとも重要なポイントです。なぜなら、先に貯金額を決めることで、使える分のお金が分かるため、お金の使い過ぎを防止できるからです。

もしもこの貯金額を決めていない場合、どうなると思いますか?私の経験からお話しすると、この金額が決まっていないと、心の家計簿にも書き留められませんので、感情の赴くままに出費をしやすくなります。その結果、まとまった貯金を手に入れることができません。そのため、マイホームや車の購入といった大きな金額の買い物に対して、積極的になれない傾向があります。

また、お金とのつきあい方に自信がなくなり、自分に貯金などは到底無理と、あきらめてしまうリスクもあり、そのメンタルが貯金をしにくくしてしまうんですね。家や車は、人生においても大切な決断です。良いメンタルが、理想の貯金を生み出すともいえますので、貯金をする金額を決めることは重要になります。

年間につかえる特別出費の金額をわりだす

年間に貯金したい金額を決めたら次にやることは、年間につかえる特別出費の金額をわりだすことです。

年間手取り額から、先ほど決めた貯金額・固定費・生活費・予想外の出費に対応する予備費を引いた額が、旅行や家族の誕生日や、お洋服などに使える「年間特別出費」 の予算となります。

年間のお金の出入りは、「年間固定費」「年間生活費」「年間貯金」の金額を把握することからはじめていきます。まずは「年間固定費」を洗い出しましょう。固定費とは、家賃・光熱費・通信費といった、生活するうえで必要不可欠な費用のことです。この費用が年間でいくらになるかを考えます。たとえば、毎月の固定費をだいたい把握しているのであれば、それに12を掛けてください。すると、年間でかかる固定費がわかりますね。

固定費がわかったら、次は生活費も把握しましょう。生活費は固定費とは違って、お財布から出ていくことも多いため、月ごとに変動する出費です。日々の食費・日 用品・自分のお小遣いなど、それぞれの項目でも月ごとに把握したら、年間でだいたいどれほど出費しているのかを計算しましょう。

 

「年間特別出費」の計算方法は、次のとおりです。

年収―【「年間貯金」+「年間固定費」+「年間生活費」+「年間予備費」】

予算は年間を意識して整理する

「年間特別出費」が決まったら、最後にやることは特別出費を手帳やノートに書き出すことです。

旅行や想定されるイベントを書くため、手帳の年間スケジュールの欄か、月間予定表のメモ欄なども利用し、自分でわかりやすくしておきましょう。

手帳には予算と予定を次のように書いておきます。

1月    3万円 :お年玉、お守り、お年賀、初詣

2月    1万5000円:息子お誕生日・バレンタイン

3月   5万円:春休みのスキー旅行

イベントとその予算がわかれば、予算残高を把握できるだけではなく、銀行ATMでの引き出し時に、お金をまとめて1回で引き出すことが可能です。イベントごとに銀行に行くといった手間も、省くことができます。

これらのお金をクレジットカードで支払う場合にも、こうした目標金額が手帳に書かれていることで、使いすぎることが少なくなるというわけです。

この月ごとの特別出費が予定どおりいかなかった場合には、未来の予定で調整しましょう。例えば、6月をすぎた時点で、旅行やレジャーなどの予定予算がふくらんだ場合には、その後の半年間の予定をみなおします。このように、レジャーだけの予算を見るのではなく、年間の特別出費予算を守れるように未来の予定を調整することが大切です。すると、心の家計簿にも記録されるため、お金のコントロールがしやすくなります。

私たち人間は、不確かな未来のために貯金をするという行為が、苦手な生き物です。頭では「貯金をしなくちゃ」とわかっていても合理的な行動をすることができない習性もあります。

このことは行動経済学という学問でも、証明されていますので、できないからといって必要以上に落ち込む必要もありません。旅行先でパーッと使うだけではなく、日常では今日・明日に必要だと思うことに、ちょこちょこ浪費してしまう傾向は、みんな持っているんですね。

でも貯金をしたいのなら、それなりの対策を立ててください。年間に貯金したい金額を、事前に決めてからお金を使いましょう。

まとめ 

レジャー費用が予算オーバーになってしまうのは、メンタル・アカウンティング、心の家計簿が原因であるとお伝えしました。大切なことは、年間で使ってよい特別出費を把握することです。特別出費を心に書き留めておくだけではなく、手帳を使って見える化すると、管理しやすくなります。

年間で管理すればよいので、使いすぎてしまった場合は、その年の後半で調整することも覚えておきましょう。最初にやることは、年間貯金額を決めること、次に年間固定費・年間生活費・年間予備費の洗い出しをする作業をしてくださいね。きちんと貯金をしながら、旅行やお祝いごとも楽しみ、毎日を豊かに整えていきましょう。

 

あなたのお金、願望実現、ビジネス、幸せなパートナーシップについて
90分、市居愛と話をしてみませんか?

卒業生以外の一般応募をストップしていた個別コンサルを3月末までの期間限定で募集を開始しました。詳細を知りたい方は、LINE@よりご連絡ください。LINEをご利用でない方は、こちらのリンクよりご連絡ください。http://okanetotonoeru.jp/consultant

 

 

 

今年は家計を整理したい!という方は、家計整理アドバイザー講座に来てくださいね。

【家計整理アドバイザー2級講座開催予定】
1月 6日&1月13日(日) 10:30〜13:30  長崎   (作下裕美)
1月22日(火)     10:00~17:00  神奈川 (太田邦子)
1月27日(日)     10:00~17:00  神奈川 (山本美紀)
1月16日&23日(水)  10:00~13:00  神奈川 (山本美紀)
1月18日&25日(金)  10:00~13:00  神奈川 (山本美紀)

 

【家計整理アドバイザー1級講座開催予定】
1月17日(木)スタート 9:00~12:30 オンライン(市居愛)

詳細はコチラ→日本ホームアドバイザー協会

 

旅の様子をインスタグラムにアップしています。

 

View this post on Instagram

 

ai_ichii不思議なパワーを感じた場所🤭ケニアのエレメンテイタ湖。すごいなここ〜と思って写真を撮ったらやっぱり綺麗だった✨ネッシーいたかもな✨

#パワースポット #ケニア #マサイマラ #世界一周中 #ネッシーはいてる

市居愛さん(@ai_ichii)がシェアした投稿 –

ファイルをアップロード

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
こんにちは。市居愛で…