世界の旅

世界一周も残すところあと1ヶ月半

こんにちは。マネーコンサルタントの市居愛です。

今は、インドネシアのバリ島にいます。バリ島のなかでも、北西にあるムンジャンガンという地域です。

昨年の7月からスタートした世界一周旅行ですが、あと1ヶ月半で帰国することを決めました。出発当初は、いつ帰るかも決めていませんでしたが、3月13日に帰国便のチケットをとりました。

うれしいような、寂しいような。夫と子どもたちは、明日にでも帰りたいかんじですけどね(笑)子どもたちには、来週からインターナショナルスクールに通ってもらう予定なので、あとすこしがんばってもらいたいです。

たった8ヶ月の旅でしたが、10年分くらいの経験をしました。随分、年をとってしまったような気がしています。帰国したら、浦島太郎みたいに、おばあちゃんになっていたらどうしよう・・って。それくらい、世界一周は刺激的な旅でした。

アメリカのロサンゼルスからはいって、ラスベガス、ニューヨーク、オーランドをまわり、その後、イスラエルへ。

イスラエルからキプロス島→ギリシャ→イギリス→アイスランド→オーストリア→ハンガリー→チェコ→トルコ→UAE(ドバイ)→ケニア→インド→ベトナム→タイ→シンガポール→インドネシア(今ココ)

計17カ国。

よく動きました〜。行きたいところは全部行ったし、やりたいことは全部やりました。

本当に本当に楽しかった。本当に本当に、決断してよかった。そう思います。

それに、40代で一周しておいてよかったと思います。なぜなら、50代でもきっとまたまた行くだろうし、60代でも70代でも行く気がするからです。

これが、70代ではじめての世界一周だったとしたら、人生に1度切りで終わってしまう可能性がある。だから、40代でよかったって、そう思います。

子どもたちも、将来的に何回も世界一周をすることになるんじゃないかな。そんな気がしています。

世界一周というと、すごーーくお金がかかる贅沢なことだと思われるかもしれませんが、工夫をすれば安くまわることは可能です。毎月の生活費は、日本にいるときのコストよりも安い月もあります。

トータルで言えば、日本で生活していたときの生活費と、世界一周をしているときの生活費は変わりません。そのほかに、飛行機代は家族4人でトータル250万円くらいです。

旅に出てから、「私もいつか世界一周をしたいです」というメールを沢山いただくようになったのですが、「行きたい!」という思いがあるならば、ぜひ行くべきだし、そのためにお金を整えるべきです。

お金は目的があれば必ず貯められます。逆に言えば、お金が貯められないのは、目的がないから。その目的も自分のためだけではなく、家族やひとのためでもあると、貯める意欲がわいてきます。

 

世界中のおいしいものをたべて、世界中のやさしい人たちに会いました。

世界中の綺麗なところを見たし、汚いところも見てきました。

良いことも悪いことも、すべてのパワーを受け取りました。

残すところあと1ヶ月半。思う存分楽しんで、元気一杯で日本に帰ります。

 

 

旅の様子をインスタグラムにアップしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
起業・副業はお金を増…