思考を整える

仕事で結果を出すための朝昼晩の30分のつかいかた

スキルアップして昇進したい。資格をとって独立したい。自分だけのコンテンツで副業をはじめたい。そう願うひとは多いのではないでしょうか。

そしてそのために、本を読んだり、セミナーを聞いたりしているひとは多いと思います。

ですが、本を読んだりセミナーを聞いたりして情報を収集しているだけでは、結果がついてくることはありません。

結果は、実際に行動してこそついてくるものです。

情報を収集する作業のことをインプット、実際に行動をすることをアウトプットと言います。

情報はインプットをしながらもアウトプットすることが大切です。

例えば本を読むことはインプットですが、その読んだ感想をひとに話すことはアウトプットです。

セミナーを聞くことはインプットですが、学んだ内容をブログに書くことはアウトプットです。

アウトプットの重要性については、作家で精神科医の樺沢紫苑氏の『学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)』のなかでも多く語られています。

樺沢氏によると、通常私たちはインプットを7割、アウトプットを3割していることが多いそうです。

ですが、これではインプットが多すぎる。結果を出すためには、どのような比率でインプットとアウトプットをすればよいのだと思いますか?

樺沢氏によると、理想的なバランスは通常の状態の逆。

インプットを3割、アウトプットをその2倍以上の7割ついやすことが、結果を出す鍵だと言います。

情報は単に収集するだけではだめ。学んだことを積極的にアウトプットしてこそ結果がついてくるというわけです。

*私はこの本のおかげで毎日ブログが書けるようになりました。こちらの記事もあわせてご覧ください。→私が毎日ブログを書こうと思えた1冊の本とYoutube

仕事で結果を出すためのインプットとアウトプット

朝は起きたら2時間以内に30分のインプットをする

そこで今日は、結果を出すためのインプットとアウトプットのお話です。

まずインプットにオススメな時間帯は朝です。しかも朝起きてからの2時間が重要です。

この2時間は1日のうちでも最も脳が力を発揮する時間帯です。

また、朝一番に覚えたことは、その後長い間記憶することができると言われています。

なぜなのでしょうか。それは、脳が疲れていない状態だからです。

私たちの脳は、前頭葉という部位をつかっています。

前頭葉は、おでこから2~3センチ奥のところにある部位で、ひとの選択や決断を担う領域です。

そして、この前頭葉は毎日つかえるパワーの総量が決まっています。これをウィルパワー(意志力・目標を成し遂げる力)と言います。

つまり、ひとが選択や決断をする量には限度があるのです。

そして、このウィルパワー(意志力)をつかいすぎると、脳がつかれてしまい、判断力がなくなっていくというわけです。

一日中動いていると身体のパワーがなくなるように、1日中考えていると脳のパワーが失われていくというわけです。

自分の集中力やウィルパワーについてもっと知りたい方は、こちらの2冊がオススメです。

こうした理由から、朝の2時間にあなたが習得したい情報をインプットします。

たとえば、朝起きて朝食をとったら、30分後には本を読んだり、音声セミナーを聞いたりします。

朝に通勤時間があるひとは、車や電車に乗りながら、本を読んだり、音声セミナーを聞くとよいです。

朝に洗濯などの家の用事をするひとは、洗濯をしながら学びたいことを聞くとよいでしょう。

昼は朝に学んだ内容をアウトプットする

次に午後の時間帯です。午後には、朝に学んだ情報をアウトプットします。

朝に情報収集をしたら、午後はその情報を話したり書いたりすることで覚えていきます。

たとえば、昼休みは友人とランチを食べたり、職場のひとと話する時間があると思います。

このときに、その日に学んだ内容をひとにはなします。相手に、あなたが今日学んだことを教えてみてください。

インプットを3割、アウトプットを7割にするためにも、手帳やノートに学んだことを書き出すこともおすすめです。

人間は耳で聞いたことは約10パーセントしか記憶に残らないと言われています。

朝にいくら良い情報をインプットしたとしても、残念ながらその9割を忘れてしまうのです。

ですが、ひとに話したり、文章にして書いたりすることで、その記憶の定着率は、90パーセントにも高まると言われています。

なぜなら、ひとに話したり文章にして書くという行為は、運動だからです。

身体で覚えると言いますよね。私たちの身体は、筋肉をつかって行動することでその記憶を定着させていきます。

そのため、身体で覚えたことをは忘れにくいという特徴があるのです。

こうしてお昼の時間帯は、朝に学んでインプットしたことを、アウトプットすることを心がけます。

学んだ知識を定着させるために、話したり書いたりすることを習慣にしましょう。

夜は、自分の成長を振り返る時間をとる

そして3つ目のステップが、夜についてです。夜は毎日自分の成長を振り返ります。

先にもお話したように、脳は夜には疲れています。朝起きてから日中に過ごした時間で、脳はすでに消耗しているのです。

そこで、夜の時間帯は、今日1日の自分の成長を振り返りながらリラックスすることをおすすめします。

これはとても大事なことです。

なぜなら、自分を認め、自信をつけることが、お金を増やしていくことにもつながるからです。

そのため、夜は今日自分ができたことを、認める習慣をもちましょう。

私の場合は、夜寝る前にすこしの瞑想の時間をとっています。

瞑想といっても宗教的なものではなく、その日1日の出来事を振り返り、自分をの成果を認める時間です。

今日は新しいプロジェクトがすごく進んだとか、本で知りたい情報を学んだとか、会いたかったひとに会って話すことができたといったことです。

今日は「あんなことができた」「こんなことができた」ということを振り返り、「よくやった」とほめながら眠りにつきます。

どんな小さなことでもいいです。

お友だちに知らないと思っていたことを聞けたとか、お勉強しようと思っていたことをひとつ学んだとか、新しい料理レシピに挑戦したとか、本を読んだとか、どんなことでもいいので、自分がやれたことについて、夜は振り返ってください。

いい1日だったことを思い出しながら、楽しい気分で寝てください。

そして、心のなかで今日出会えたひとに対してお礼を伝えます。

の日出会った人や、出会ってはいないけれども、お世話になった人に、「ありがとうございました」と感謝をして眠りにつきます。

朝の目覚めもいいですし、朝になると夜達成した喜びがあるので、さあ、今日は何をしよう、という思いを持って、朝を迎えることができます。

朝昼晩の30分のつかいかた まとめ

今日は、インプットとアウトプットについて、そして、結果を出すための朝昼晩30分間のつかい方についてお話ししました。

  • アウトプットはインプットの2倍以上の7割をこころがけること
  • 朝は情報収集などのインプットをすること
  • 昼は学んだ内容を、話したり書いたりしてアウトプットすること
  • 夜はその日にできたことを自分で認めることについてお話ししました。

今日からぜひはじめてみてください。

 

最後にお知らせです。

5月末からスタートする「お金の整理術オンランセミナー」の体験会を開催します。

この体験会では、90分のご参加で、「お金を整えたらお金が増える原理原則」を理解できるようになります。

スマホひとつで簡単に参加できる無料オンライン体験会です。

お金の整理術オンラインセミナー体験会

2019年5月8日(水)朝9:00〜10:30(90分)

LINE@友だち限定のオンラインセミナーです。参加希望の方は、市居愛のLINE@にご登録頂き、希望日時をLINE @からメッセージください。LINE@のご登録がまだの方は、下記から登録してください。LINEをご利用でない方は、お問い合わせフォームよりにご連絡ください。

お金について学びたい方は、家計整理アドバイザー講座に来てくださいね。家計整理アドバイザーが、あなたの家計を大きく改善いたします。

【家計整理アドバイザー講座開催予定】

4月18日(木) 10:00〜12:00 初級 長崎(作下裕美)

4月18日&25日(木) 10:00~13:00 神奈川(山本美紀)
4月28日(日)    10:00~17:00 神奈川(山本美紀)

4月26日(金) 10:00〜17:00 大阪 2級 (勝谷 ゆみ)
4月18日(木)10:00〜12:00 大阪 初級 (勝谷 ゆみ)

詳細はコチラ→日本ホームアドバイザー協会

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
こんにちは。マネーコ…