お金の使い方

お金を増やすお金の使い方とは?3つのルールがお金をつくる

Tさんを完全にノックアウトした(と思われる)お金を増やすお金の使い方

先日、お金を整えるセミナーでTさんからこう質問されました。

Tさん:「貯めたお金を増やすにはどうしたらいいですか?」

私:「ふっふっふっ。秘密のルールを教えましょうか」

Tさん:「な・・・なんですか?秘密のルールって???」

私:「知りたいですか。もし知ったら、絶対に実行しなければいけなくなりますよ。本当にいいんですか?言いますよ。言っちゃいますよ。」

私:「コソコソコソコソ(耳もとでつぶやく)」

Tさん:「!!!!!!!!(目を見開いて声を失って驚く)」

こうしてTさんを完全にノックアウトさせた衝撃のルール。今日はそんな「お金を増やすお金の使い方」についてのお話しです。

お金を増やすお金の使い方

ルールその1.貯金の20%を自己投資にあてる

私のお金の増やし方は、株でも不動産投資でもありません。スキルアップや経験といった自己投資です。そして、ひとつ目のルールは、「貯金の20%を自己投資にあてる」ということです。例えば、貯金が50万円だとしたら、そのうちの10万円までを使って良いお金とします。

なぜ20%以内なのかと言えば、それは、いざというときのお金を残しながらも、自分自身に挑戦することができる金額だからです。昔は、「直感」を頼りにするあまり、身の丈に合わないお金をつかうこともありました。けれども、身の丈に合わない金額は自分の暮らしを圧迫するようなものだと気づきます。

そして、貯金の20%以上を超える自己投資は、単に欲望をコントロールできていない結果だと考えるようになりました。欲望をコントロールできなくては、お金も運も貯まることはありません。自分の判断が正しいと決めるためにも、予算は貯金の20%以内と決め、目的意識を明らかにするようになりました。

ルールその2.ひとの役に立てることに投資する

お金がない頃の私は、自分の好きなこと、やりたいことに投資をしていました。お金がない、だからお金を増やしたい。けれども、好きなことをやっているうちは、お金が増えることはありませんでした。

ところが、ひとの役に立つことに投資しはじめたころから、お金は増えるようになりました。好きなことには自然とアンテナがたっているものです。そのアンテナとは別に、ひとの役に立てるかどうかのアンテナを立てました。そうすることで、好きなことで役立てることに興味をもつようになり、結果として、稼ぐ力が身につくようになりました。

お金はひとからの感謝の証。ともすれば当たり前のことですが、当時の私はお金が感謝の対価であるとは考えてもいませんでした。今では、「これを学んだら(体験したら)、誰かの役に立てるだろうか」ということを第一に、自己投資先を選びます。

ルールその3.3倍の価値を得ることを決める

3つのルールのうちでも最も大切にしたいこと。それが、「3倍の価値を得ることを決める」です。例えば、5000円のセミナーに参加したとしたら、そのセミナーで得た知識で15000円を稼ぎだすことを決めます。大切なことは、先に決めるということです。セミナーに参加する前に、3倍の価値を得ることを決めてしまうのです。もしも3倍の価値を想像することができない場合には、そのセミナーへの参加は見送ります。

お金は私たちの感情を吸いこむ生き物のような存在です。私たちがどのような意志をもってお金を使うかによって、得られる価値のエネルギーは変わってきます。「好きなこと」に「なんとなく」お金をつかっていては、お金が私たちを成長させてくれることはありません。「ひとの役に立てること」に「3倍の価値を得ること」を決めてお金をつかえば、お金は私たちの成長を後押ししてくれる存在となります。

自己投資をするときには、はじめに3倍の価値を得ることを決める。たったこれだけのことが、お金を増やす大きな決めてとなるのです。

大したことじゃないことが、大した違いを生んだりする。

私:「どうですか?理解できますか?」

Tさん:「はいっ!わかりました!」

私:「あら、よかった。」

Tさん:「俺、今日のセミナー代金、絶対に3倍にしてみますっ!!!!」

pixta_11662944_M

そう言って、気合いをいれてくれたTさん。昔の自分を見ているようで、おばさんはなんだか涙腺がゆるくなりました。(写真はイメージです)

 

 《お金を増やすお金の使い方》

ルール1.貯金の20%を自己投資にあてる

ルール2.ひとの役に立てることに投資する

ルール3.3倍の価値を得ることを決める

 

大したことじゃあないんだけどね。大したことじゃないことが、大した違いを生んだりする。そう思うと、小さなことはなんでも大切なことだと思えてきます。

昔はそんなこと考えたこともありませんでした。けれども、年を重ねると、微差が好きになるものです。

感慨にふける私の横でやる気満々のTさん。

そんな彼の横顔を見て、私だって「負けないよ!!!!!」と思えた夜でした。

 

←前の投稿を読む   次の投稿を読む→

 

*お金を増やす前に、お金が貯まる方法を知りたい方は、市居愛著『お金を整える』をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメント

  1. 美穂 より:

    専業主婦です。
    主人が稼いできてくれたお金達を、どう活かそうか、いつも悩みます。

    今回の文章のその2の「人の役に立つことに投資する。」というのに、
    子どもの学費の支払い
    子どもの学費の為の貯金
    も、入るのでしょうか?

    1. okanetotonoeru より:

      美穂さん、こんにちは。美穂さんのご質問、旦那さんとお子さんへのお気持ちが感じられてとても嬉しくなりました。ただ、ここでの「自己投資」とは、自分自身のための20%ということでお話させて頂きました。「人の役に立つこと」も、自分が誰かの役に立てることを学び、それを将来的に生かしていくということですね。貯金は学費だけでも大変なことですが、それとは別で自己投資のお金を用意します。自分のために1000円でもいいので投資をし(本でもいいですよね)、必ず3倍の価値を得ることを決めると変化が訪れます。最初は抵抗があるかもしれませんが、貯金とは違うお金の使い方を経験することで、ますますお金と仲良くなれると思います♬ 市居愛

      1. 美穂 より:

        ご回答ありがとうございました!
        自己投資をすることは出来ていますが、3倍リターンにはなっていません…

        家計の中で、蓄えの他に家族それぞれへの投資も必要な中で、自分だけの為(表向き)にどれくらい許されるのだろう。どれくらい他の為に残すべきなのだろう。…というのも、悩みの1つでした。

        お返事を読んで、家計全体の貯金のうち20%を自分自身の為に投資してもいい…と捉えました。やってみたいと思います。思いつくことだらけです♫

        ただ3倍のリターンに繋げるというのが、
        大変難しいように思っています…
        検討してみます!

        ありがとうございました!

  2. 美穂 より:

    すいません💦 追加です。

    その1の「自己投資」に子どもの為の貯金や学費は、入りますか?

    それ以外の自分自身の為に20%、という意味でしょうか?

  3. k-masako より:

    はじめまして。
    お金を整えるを購入前にブログも読んでみたく訪問させていたました。
    ふと疑問に思ったのですが、仮に自己投資に節約本を1000円で購入。
    それでへそくりを3000円増やす事が出来た!もしくは家計が3000円黒字になった!!など
    これも3倍のリターンと考えていいのでしょうか?

    1. okanetotonoeru より:

      こんにちは!市居愛です。ブログに来てくださりありがとうございます。ご質問の件ですが、はい、その通りです。お金は使い道を意識してつかうと、結果が変わります。そのため、節約本を1000円で買う際に、この本で3倍のリターンを得ること、そして、それを実現することを決めてから買うとよいです。「へそくりを3000円増やす!」「家計を3000円黒字にする!」その意識をもって、本を買って読めば、リターンを体験できると思います。

コメントを残す

*

Recommended
Recommended
 ある日突然、夫に仕…