手帳を整える

クレジットカードをつかう予定も手帳に書いてみよう

クレジットカードをつかう予定も手帳に書いてみよう

こんにちは。マネーコンサルタントの市居愛です。

今日は、音声アプリ「ヒマラヤ」に掲載した音声プログラムより、「クレジットカードをつかう予定も手帳に書いてみよう」をお届けします。

このプログラムは、2017年10月にアップしたものです。

現在は、2019年6月発売予定で、新しい音声プログラムを制作ちゅうです。

出来上がりましたら、LINE@等でご案内していきます。

 

 

今回も、この音声の文字起こしをグーグルさんにやって頂きました。

修正がとても少なく、精度の高さにびっくりです。

音声と同じ内容になりますので、出先で聞けない!という方は、文章でご覧ください♪

 

今日は、手帳でお金を整える方法についてお伝えしていきます。

カードの予算も手帳に書いていくということについてお話ししていきます。

現金ではなく、クレジットカードを使っていますという方も多いですよね。

そんな方には1ヶ月に使うカードの予算を決めて、それを手帳に書くことをお勧めしています。

例えば、毎月の食費や日用品などは現金として6万円、その他はクレジットカードで3万円という予定を立てたとします。

そうしたら、お財布6万円、クレジットカード3万円という形で手帳に書いていきます。

手帳のどの位置がいいかということですが、マンスリーのカレンダーの部分に書いていくといいです。

そのカレンダーが空いている箇所に、現金6万円、カード3万円という形で予算を書き込みます。

そして、カード3万円の予算内でその月を過ごしていくということです。

 

クレジットカードというのはショッピング制限というのがあるんですが、その制限いっぱいまでお買い物ができる仕組みです。

だからこそ、予算というのは自分で決めておくことがとても大切です。

本来であれば、自分で決めた金額までしかカードが使えないという仕組みがあったらありがたいのですが、カード会社さんにしてみれば、皆さんにたくさんのお金を使ってほしいわけですから、そんな仕組みを作るわけありませんよね。

私たちも、クレジットカードというものに流されることなく予定と金額を自分で決めるしかないというわけです。

ですから、手帳にカード予算は毎月必ず書いて、その上で予定と金額をセットで書くことです。

カードの予算を超えないように、予定を組み立てていくことがとても大切ということです。

 

クレジットカードのアプリがある会社さんもあります。

もしもお使いのクレジットカード会社さんがアプリを用意していれば、アプリは携帯やスマホに入れておくことをお勧めしています。

例えば、楽天カードさんですと、楽天カードアプリというのがあります。

それをスマホに入れておくと、クレジットカードを使った時にスマホの方に使いましたよというお知らせが届きます。

5000円使えば5000円買いましたよというピロリンというお知らせが来ます。

1万円使った時であれば1万円ですよというお知らせが来ます。

そのお知らせを見るたびに、「今月は予算が3万円だから15000円使っちゃったのかとか・・・もうあんまり使えないな・・・」というふうに予算を思い出すことができます。

このアプリが皆さんの心のストッパーの役割を果たしてくれるというわけです。

というわけで、今日は手帳には、カードを使う予定も書くということについてお話ししました。

予算は、自分で決めておくこと。そして、決めた予算を守ることが大切です。

手帳を整えてお金も整えていくことを試してみてください。

今日も最後まで聞いていただき、ありがとうございました。

どのような手帳をつかっていますか?

「どのような手帳をつかっていますか?」と、よく聞かれます。

私は、能率のNOLTY という手帳をつかっています。

今年の色は、こちらのグレー。

去年の色は、こちらのブラウン。

でも結構こだわりがあるので、いつか「お金を整える手帳」をつくりたいな♪

ではではまた〜

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
こんにちは。マネーコ…