世界のベストセラー

自由とはシンプルなもの。苦しみを解放するバイロンさんの教え

こんにちは。マネーコンサルタントの市居愛です。

今日は、バイロン・ケイティさんの書籍『A MIND AT HOME WITH ITSELF』をご紹介します。

バイロン・ケイティさんは、アメリカの人気作家&カウンセラーさんです。

私は彼女が長年指導されている「ザ・ワーク」という手法に興味を持ち、昨年、9日間のトレーニングに参加してきました。

それはそれは、鬼のように辛いとても素晴らしい9日間でした。

そのため、深く理解できた部分もありますし、まだ理解できていないところもあります。

そこで、今日はこの本の中から、印象に残った箇所をご紹介しますね。

自由とは、それほどシンプルなもの

私が現実に目覚めたのは1986年のことでした。その日、私は、「すべての苦しみは、私がその苦しみと戦っていることから来ている」という事実に気づきました。

それまでの私は、何年もの間、うつ病を患っていました。そして、私を取り巻くすべての問題は、この世界に原因があると非難していました。

今はわかります。問題は、私をとりまく世界にあったわけではありませんでした。問題は、「私が世界に対して信じていること」にありました。

苦しみは、私が自分の考えを信じているときに現れていました。そして、私が自分の考えを信じることをやめたとき、苦しみから解放されたのです。

これは、すべての人間に共通して言えることです。自由とはそれほどシンプルなものなのです。

自由とは、それほどシンプルなものなのです。

すばらしい言葉だなぁと思います。

そう。自由とはシンプルなものなのですよね。

でも、私たち人間は、この世に問題を抱え、悩み、複雑に生きることを選びます。

そんな人生が美しくもあり、愛おしくもあるのですが、問題の渦中にあるときには、その問題からなんとか逃れたいと思いますよね。

そんなとき、バイロンさんは、「信じることをやめなさい」と言います。

自分が正しいと信じていることを、すべて手放しなさいということです。

そうすることで、今抱えている苦しみから解放されるというのです。

自由とはシンプルなもの。複雑にしているのは自分自身。

問題の渦中にあるときに、この考え方を思い出せるか。

その問題に巻き込まれるのではなく、その問題を(俯瞰して)見ることができるか。

それがこの言葉を生きる鍵となりそうですね。

 

苦しみは、現実をコントロールするときに現れる

苦しみは、私たちが現実をコントロールしようとしたときに現れます。

私たちが、苦しみそのものの原因だと思うとき、また、その苦しみが鏡以上のなにかだと思ったときに、苦しみは現れるのです。

しかし、世界は平等です。すべては、私たちの心の反映なのです。

 

嫌なこと、苦しいことが起きたとき、あなたはどう反応しますか?

私も含めた多くのひとが、その苦しみに対して、あれこれと考えを巡らせ、自分なりの結論を導き出し、現実をコントロールしようとするのではないでしょうか。

ですが、バイロンさんは言います。

「苦しいときには、それを信じるのではなく、ただそれに気づくこと」と。

嫌なこと、苦しいことは、私たちの心の反映にすぎません。

起きた出来事を「苦しむ」のではなく、ただ「気づく」だけでいいということです。

バイロンさんの9日間のワークでは、この「気づく」練習をたくさんします。

自分の信じてる考えがなんなのか?

なぜその考えを抱きしめているのか?

その考えがあることで、自分はどうなっているのか?

もしもその考えがなければどうなるのか?

といったことを、徹底的に分析していきます。

これは辛い作業でもあるのですが、自分が信じている考えに気づいたとき、ひとは悩みから解放され、大きく羽ばたくことができるというわけです。

教師ではなく、生徒であれ

私たちは、自分が何者かであるかを定義したり、教えるべきことがあると思った瞬間に、内なる世界を凍らせて、幻想の世界へと行ってしまうのです。

私たちは日頃、自分に役割を与えて生きています。

母であること。父であること。妻であること。夫であること。社会人であること。

こうした役割のなかで、「すべきこと」を信じて生きています。

あるいは、相手に対して、「すべきこと」を信じて生きています。

「母親として、当然、家事をすべきである」

「父親として、当然、子供をしつけるべきである」

「妻として、当然、家を整えるべきである」

「夫として、当然、お金を稼ぐべきである」

こうした考えを信じていると、内なる自分を封印して、役割の世界へと行ってしまいます。

つまり、役割上の考えにしばられて、自由に行動したり表現したりすることができなくなってしまうのです。

バイロンさんは、自分の考えに対して、「教師ではなく、生徒であれ」と言います。

自分の考えを信じ、主張するのは教師のありかたです。

一方、自分の考えについて、常に疑問をもつのは生徒のありかたです。

つまり、自分の考えを信じるのではなく、常に疑問をもち、生徒でありなさいと言います。

母として、妻として、社会人として、あなたを苦しめていることはありませんか?

もしも苦しみがあるのなら、その役割上の考えを疑い、自分を解放してみましょうということです。

バイロン・ケイティさん まとめ

今日は、バイロンケイティさんの『A MIND AT HOME WITH ITSELF』に印象に残ったところをご紹介しました。

バイロンさんの真骨頂は、日本語訳もされているこちらの本に書かれています。

が、しかし・・・・。

私は、はじめてこの本を読んだ時、内容を理解することができませんでした。

深く学んでみたいひとは、こちらのYoutube動画とあわせて見ることをオススメします。

バイロンさんのもとには、様々苦しみをもった人たちが集まるのですが、その人たちを明るいほうへと導いていく様子は圧巻です。

その人自身が気づいたときの、身体の表情が変わるところが注目ポイント。動画はたくさんアップされているので、見てみてください。

ではではまた〜♫

 

さて、7月3日にスタートする「お金の整理術スモールビジネスコース」は、まもなく締め切りです。不思議なもので、スタートするときには、ばっちりと必要なメンバーがそろうものなんですよね。

だから、ロングコースって面白いです。

まだまだ自分はなにをやりたいかわからない・・というひとも、個別コンサルは今だけの特別期間で実施していますので、ぜひいらしてください。

ご興味をお持ちの方は、市居愛のLINE@に登録し、「スモールビジネス個別コンサル希望」または「スモールビジネス資料希望」とご連絡くださいね✨

LINE@友だち限定のオンラインコンサルです。参加希望の方は、市居愛のLINE@にご登録頂き、希望日時をLINE @からメッセージください。LINE@のご登録がまだの方は、下記から登録してください。LINEをご利用でない方は、お問い合わせフォームよりにご連絡ください。

市居愛LINE@友達追加

 

お金について学びたい方は、家計整理アドバイザー講座に来てくださいね。家計整理アドバイザーが、あなたの家計を大きく改善いたします。

 

【家計整理アドバイザー講座開催予定】

6月 11日(火)& 18日 (火) 10:00〜13:00 2級大阪(勝谷ゆみ) 
6月 11日(火)& 20日(木) 10:00〜13:00 2級大阪(勝谷ゆみ) 
6月21日&28日(金)  10:00~13:00 神奈川(山本美紀)
6月30日(日)     10:00~17:00 神奈川(山本美紀)
6月 15日(土)  14:00〜 16:00  初級 大阪(勝谷ゆみ)
--------------------------------------------
【7月の開催予定】
7月1日&8日 (月) 10:00~13:00 神奈川(山本美紀)
7月2日&9日 (火) 10:00~13:00 神奈川(山本美紀)
7月4日&11日(木) 10:00~13:00 神奈川(山本美紀)
7月7日(日) 10:00~17:00 神奈川(山本美紀)
7月16日(火)初級  10:30〜12:30 神奈川 (太田邦子)
7月 12日(金) 10:00 〜 12:00  初級   大阪(勝谷ゆみ)
7月 4日(木)  10:00〜17:00  2級    大阪(勝谷ゆみ)

*全国からオンラインでもご受講可能です。

詳細はコチラ→日本ホームアドバイザー協会

 

*「手帳を整える」方法は、市居愛著『お金を整える』を読んでね。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
こんにちは。 マネー…