思考を整える

くらだらない頭のなかのおしゃべりを止めよう

こんにちは。市居愛です。

頭のなかのおしゃべりが止まらないことってありませんか?

考えたくないのに、ついつい考えてしまうことってありますよね。

 

子どものこと、

仕事のこと、

お金のこと。

 

考えないようにしようと思えば思うほど、

頭のなかのおしゃべりは止まりません。

 

子どもの言動が心配になったり、

夫の何気ない一言が一日中リフレインしたり、

進めている仕事の結果をネガティブに考えたり・・。

 

もしも、こうなったらどうしよう。

あのひとは、どう思っているだろう?

いったい私の何がいけないのだろう?

 

こうして、頭の中が、嬉しくないおしゃべりで

いっぱいになることがあるかと思います。

 

あるいは、

なんだか気持ちが晴れないときには、

無意識のうちに

ネガティブなおしゃべりを

繰り返していることもあるかもしれません。

 

こんなとき、

頭のおしゃべりを止める

おすすめな方法があります。

 

それは、なにかというと・・・

 

 

 

お散歩です。

 

頭のおしゃべりを止めるには、

お散歩が効果的です。

 

お散歩をするときのポイントは2つ。

自然を感じることと、

それを五感で感じることです。

 

歩いているときに目にはいってきた

木や水や風に

意識を向けていきます。

 

木があるなぁ。

水が流れているなぁ。

風が冷たいなぁ。

 

といった具合です。

この間、

自然に意識を向けようと思っても、

頭のおしゃべりが再開しちゃうことがあります。

 

もしも再開してしまったら、

すこし足を止めて、

もう一度、目の前にある自然に

意識を向けるよう

仕切り直します。

 

木の色や匂い、

風に揺れる音や

肌に触れる感触など、

全身の感覚で感じてみます。

 

おぉーーー

わぁーーー

あぁーーー

 

というかんじです(笑)

 

こうして

通り過ぎる景色の

ひとつひとつに

意識を向けるうちに、

すこーしずつ、

頭のなかのおしゃべりが

止まっていくこと

と思います。

 

最初からうまくいかないことも

あるかもしれません。

 

でも、

慣れてくれば、

お散歩は、自分ひとりの

静かな時間となっていきます。

 

子どもが小さいうちは、

なかなか難しかったりもするんですけどね。

 

ベビーカーで眠る我が子と一緒に、

秋のお散歩を楽しむのも

いいかもしれません。

 

頭のなかのおしゃべりがやまないときは、

ささやかだけれど、

リッチなひとりの

お散歩をしてみてください。

 

頭のなかのおしゃべりが

たとえ10分間でも意図的に止むと、

自分のなかに静けさが

戻ってきて、

自分が整う感覚を味わえると思います。

 

ほいでは、

私もお散歩に出かけるとしますかね。

ではではまた〜♫

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

メルマガ登録 友だち追加

コメントを残す

*

Recommended
こんにちは。市居愛で…